(東京)◎開発購買の取り組み方(対面+オンラインセミナー)

~ 成功する開発購買の具体策 ~

製品の開発設計段階で調達部門が参画して取組む開発購買は企業利益確保の最重要なテーマです。しかし、「開発購買をどのように取組んだらよいのか」、「取り組んだが成果が上がらない」など課題を抱える企業は少なくありません。
そこで、開発購買を知っているから、必ずできるに変える手順・プラットフォーム・コストダウンのアイデアを基礎から明確にします。 確実・簡単・便利な連携ドキュメントで開発設計部門と連携し、サプライヤーの知財を活用して協創による利益を実現する開発購買の具体策です。これなら私も開発購買ができる、自信がついたと納得できるよう、参加者と双方向で話を進めますので、確実に理解を深めていただけます。 ご参加の方には単行本『新開発購買』を差し上げます。

対 象

資材、購買、設計部門等

開 催地・開催日・会場

 開催地 開催日 会場 所在地
東京
2021年9月14日(火)10時~16時30分 連合会館5階 502会議室 東京都千代田区神田駿河台3-2-11

プログラム


1. 開発購買とは
・開発購買の目的と目標の作り方
・開発購買力の評価基準例

2. 開発設計部門との連携
 設計から購買への7つの期待
 設計から頼られる購買能力とは
 連携の進め方手順と具体例
 諸目標達成の協働のプラトフォーム
 サプライヤー競合・海外調達・コストテーブル・
 アイデアなど比較
 ・購入品(ベアリング) ・外注品( 機械加工)
 ・基板組み立てモジュール ・材料( アルミ材料)

3.サプライヤーとの協創
 設計・購買・サプライヤとの連携プレーのリーダー
 シップ提案書による共益協創
 製品のコストダウンはコストドライバの発見から
 ・ 設計仕様の変更・作り方の変更・取組の変更
 調達品群別コストダウン/VEのアイデア集



4.演習・デイスカッション
 連携協創のプラットフォームの活用
 課題対象で演習していただきます。
 ・手順・BMS のつくり方・BMS の活用・諸目標を実現する
 必ずできる開発購買のSTEP
 原価目標達成のための比較競合の視点
 あるべきコストの追求
 ・より安くではなく原価企画目標実現のために

5.開発購買力の強化策
 新しいコンセプトのコストダウンモデル
  ・求められる能力(購買機能)
  ・購買必要スキルマップ
  ・コストダウンの開発購買のエンジン
  ・コストダウンの競合・戦略
  ・コストダウンの脳力
  ・有益情報の整備
  ・開発購買8 つの情報インフラ
  ・データによる原価達成課題の明確化・VE 具体化
  ・購買戦略の10の具体策
  ・購買統合DB システム仕様・価格・問題課題(見える化)

6.まとめ・質疑応答

※講義内容、時間等は変更になる場合があります。
※コロナ対応としてセミナーをオンラインでも参加できます。ツールは、ZOOMを利用します(詳細 はメールにてご案内)。

講師紹介

八木 君敏 氏(調達革新研究所 代表/一般社団法人 日本資材管理協会 主任研究員)
大手電機メーカー資材部門で35 年以上調達実務、VE・合理化活動を担当。特に、合理化担当部長として国際調達、設計開発段階からの開発購買システムを構築し、全社的資材部門の合理化体制を確立した。各種セミナ−でコストエンジニアリング、合理化ナレッジシステムやサプライヤー評価システムなどを講演。日本VE協会会員、経営システム協会理事、日本管理会計学会会員。
現在、調達革新研究所代表として資材、購買分野の様々なコンサルタントを手掛けている。

参加要領


※オンラインでの受講の方は9月8日(水)までにお申し込みをお願いいたします。

 受講料  一般 39,700円 / 会員 33,600円  受講料には、テキスト代・消費税が含まれています。
 申込方法  <FAXでのお申し込み>
 申込書をダウンロード・印刷し、所定の事項を記載のうえ、下記のFAX番号にてお申し込みください。
 申込書到着後、請求書と受講票をお送りいたします。開催3日前までに届かない場合にはご連絡ください。
 受講票は当日ご持参ください。なお、期日直前のお申込みの場合、受講票はFAXにてお渡しいたします。

 FAX:0120-915-671 または03-5687-3660

 受講料は申込書到着後お送りする請求書に基づき開催日前日までにお振込みください。
 領収証がご入用の場合は、別途ご連絡お願いたします。

 <弊会ホームページよりお申し込み>
 下記からお申し込みください。  

セミナー申込

 お願い  ※テ-プレコ-ダ-の持ち込 みはご遠慮下さい。
 ※キャンセル規程参加予定の方がご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。  
 代理の方もご都合がつかない場合、開催日前日および当日のキャンセルについては
 キャンセル料として参加料の全額を申し受けます。ご了承ください。
お問い合わせ先  一般社団法人日本資材管理協 会 セミナー事務局
 電話:03-5687-3477 
 FAX:0120-915-671
 
ペー ジのトップへ戻る