(東京)成果に直結する取引先評価の手法(対面+非対面Webライブ)

主な内容

調達業務においては、取引先の実態を定性的・定量的に把握し、企業活動に貢献しうる「調達政策の策定」 がたいへん重要です。この調達政策を実現するために「安心で手間のかからない取引先の確保」が出来れば、 発注から納入までロスなく効率的に進められ、通常業務を安定化させることができます。しかし、1) 安定調 達、2) 原価低減、3) 業務効率、4) 協業による価値を提供してくれる「良い取引先」を確保するには、どう すればいいのでしょうか︖ 本セミナーでは、短期と中長期のバランスを取りながら会社方針・事業方針を達成するための取引先評価の 方法をわかりやすく解説します。財務分析・現場確認・経営者面談を通して総合的評価を行い、そのうえで 事業運営上欠くべからざる取引先との関係性を強化するための手法などを紹介いたします。 取引先をどのように評価すればよいか知りたい、これまで実施している評価が正しいか不安、評価の結果を どう生かせばよいかわからない……など、参加者の個別の課題にもお答えします。

対象

資材、購買、外注、海外調達、SCM部門等

開催地・開催日・会場

  開催地 開催日 会場 所在地
  東京   2021年6月18日(金)10時~16時30分   連合会館4階 401会議室   東京都千代田区神田駿河台3-2-11
 

プログラム

1.取引先評価の目的
・より良い取引先の確保
・取引先( サプライヤ/パートナー) の位置付け
・ステークホルダーとしての取引先
・サプライヤーとの協力関係
・取引方針の明確化
・事業方針説明会の開催
・潜在サプライヤーに対しての調達基本要件の明示

2.取引先評価の3大基本要件
・財務三表
・BS/PL簡易評価
・訪問による実地確認
・現場見学の基本
・5S

3.取引先評価7大要素
・取引先評価に当たっての留意事項
・各部門で分担して取引先評価を行う
・評価軸と評価項目の例
・倒産の兆候を見逃さない
・商社・代理人の評価ポイント
・評価のフィードバック〜取引先活性化〜
・見直しが進む取引先評価
・3つのリスクに備える
・取引先とのコミュニケーション強化

  
4.階層的サプライヤーマネジメント
・調達品カテゴリー別サプライヤー戦略構築
・キーパートナーとの関係強化
・ 基本契約書 の基本条項
・契約は保険・抑止であって万能ではない

5.取引先評価に基づくサプライヤー戦略構築
・取引先評価・3つの選択肢
・種類別評価のポイント
・取引先評価から新規取引先開拓へ
・新規サプライヤー探索の手順
・サプライヤー評価の視点
    
6.サプライヤー管理のPDCA
・サプライヤーPDCA マネジメント
・Supplier Allocation に必要な情報
・調達品カテゴリー別発注方針決定
・評価ランクの見直し
・スペンドアナリシス
・グローバル時代における新規取引先開拓の方向性
・まとめ

7.質疑応答

 
※講義内容、時間等は変更になる場合があります。
※コロナ対応としてセミナーをオンラインでも参加できます。ツールは、ZOOM(https://zoom.us/)を利用します(詳細はメールにてご案内)。

講師紹介

 藤田 敏 氏 (調達科学研 代表)
アメリカでの調達業務経験11 年半。原材料、メカ、電気、半導体、デバイス、MRO、Module など全ての品目に精通。ODM/OEMを通じたEMSとの取引経験豊富。生産計画と調達業務の一体化組織運営。調達関連・経営分析System 開発・運用経験。世界30か国以上での交渉経験。これまでに7000 名(国内外半々)との商談。早稲田大学システム科学研究所にて1 年間、ワークデザインを学ぶ。

参加要領


※オンラインでの受講の方は6月11日(金)までにお申し込みをお願いいたします。

 受講料   一般 39,700円 / 会員 33,600円  受講料には、テキスト代・消費税が含まれています。
 申込方法   <FAXでのお申し込み>
 申込書をダウンロード・印刷し、所定の事項を記載のうえ、下記のFAX番号にてお申し込みください。
 申込書 到着後、請求書と受講票をお送りいたします。開催3日前までに届かない場合にはご連絡ください。
 受講票は当日ご持参ください。なお、期日直前のお申込みの場合、受講票はFAXにてお渡しいたします。

 FAX:0120-915-671 または03-5687-3660

 受講料は申込書到着後お送りする請求書に基づき開催日前日までにお振込みください。
 領収証がご入用の場合は、別途ご連絡お願いたします。 

 <弊会ホームページよりお申し込み>
 下記からお申し込みください。  

セミナー申込

 お願い  ※テ-プレコ-ダ-の持ち込みはご遠慮下さい。
 ※キャンセル規程参加予定の方がご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。  
 代理の方もご都合がつかない場合、開催日前日および当日のキャンセルについては
 キャンセル料として参加料の全額を申し受けます。ご了承ください。
   お問い合わせ先  一般社団法人日本資材管理協会 セミナー事務局
 電話:03-5687-3477 
 FAX:0120-915-671
 
ページのトップへ戻る