(東京開催)厳しい値上げ要請を受けたときの対応策(対面+オンラインセミナー)
~特別セミナー~

主な内容

購買担当者とって神経を使う仕事の一つに、「値上げ要請」への対応があります。
会社トップからはコストダウンを指示され、取引先からは値上げ要請を受け板挟みの状態に陥ります。
特に要請内容に明確な根拠があったり、力のある取引先や協力会社からの要請には購買部門としても対応が非常にむずかしく思われます。
また、下請法の「代金を据え置くことによる買いたたき」との関係も留意しなければなりません。
今回はコロナ終息に近づく際想定される、全世界的物価値上がりに伴う購買品の値上げ要請への対応策とその吸収策について特別セミナーを開催いたします。
講師には購買経験豊富な野本満雄氏を迎え、担当者の行動・交渉のステップを詳しく解説していただきます。 ぜひご参加ください。

対象

資材、購買、外注、海外調達、新任購買担当者

開催地・開催日・会場 

開催地 開催日 会場
  東京  2021年9月28日(火)13:00~16:30  連合会館 2 階 201 会議室 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
 

プログラム

Ⅰ.値上げ要請の現状
 ~コロナ禍の停滞から景気回復期待と経済活動の再開~
 1.諸物価資料から見る現状
 2.日本資材管理協会によるヒアリング結果(サンプリング)

Ⅱ.担当者としての構えと対応策
 1.まず落ち着いて取引全体を確認する
 (1)基本的には落ち込まない・焦らない
 (2)確認したい具体的項目
 2.対応策(作戦)を考える
 (1)突っぱねる
 (2)泣きつく
 (3)のらりくらり
 (4)上司の指示を受ける
 (5)社内外で味方はだれか
 (6)書面で一方的に通知を受けたとき
 (7)その他
 3.具体的筋書(戦術)を決める
 4.代替メーカの確認と発掘
 5.譲歩する妥協案を作成する
 (1)非金銭的譲歩案作成
 (2)過去の取引での「借りと貸し」
 (3)値上げ要請案の「精査」
 (4)取引先での吸収策要請
 (5)当社改善策の提示
 (6)その他
 6.交渉時期・方法の検討
 7.関係部門への働きかけ
 (1)自分一人で情報を抱え込まない・悩まない
 (2)悪い話ほど早く伝える
 (3)知恵を出す
 (4)日頃の活動がものをいう
 8.日頃の価格決定の考え方

Ⅲ.厳しい値上げ要請への具体的対応策
 1.基本的なステップ別の対応策
 (1)取引先の説明をよく聞く
 (2)ハッキリと断る
 (3)上司と担当者の役割分担を決める
 (4)納入ストップの危惧と購買部門の考え方
 (5)根拠を明確にした文書の入手
 (6)譲歩案の考え方
 (7)吸収策の立案と取引先にも要求する
 2.要因別対応策案
 (1)国際相場で変動する原料・素材
 (2)需給が超タイトで、現物の取り合いが起こっているケース
 (3)人件費・輸送費のアップ
 (4)コロナによる経営不振
 (5)原料・材料費がアップしている加工品
 (6)その他
Ⅳ.まとめと質疑
 
※講義内容、時間等は変更になる場合があります。
※コロナ対応としてセミナーをオンラインでも参加できます。ツールは、ZOOMを利用します(詳細はメールにてご案内)。


講師紹介

 野本 満雄氏 有限会社野本経営研究所 代表取締役社長。
株式会社東芝本社資材部に入社以来、38年間資材管理業務に従事、在職中に「購買担当者の実務」を執筆し現在までベストセラー。現役時代から各地で購買関係の講師として活躍。同社 富士工場資材部長を経て1998年独立。現在は大手製造業を中心にコンサルティング、日本全国で人気講師として講演多数。近年は、内閣府・経産省調達アドバイザーも務めている。中小企業診断士、資材管理士 。
(主な著書) 「購買担当者の実務」(日本資材管理協会)

参加要領


※オンラインでの受講の方は9月22日(水)までにお申し込みをお願いいたします。

 受講料   一般 30,000円 / 会員 25,000円テキスト代・消費税が含まれています)
ネットからの
お申し込み

セミナー申込
  

Faxでの
お申し込み
<FAXでのお申し込み>
  セミナー申込FAX用紙をダウンロード・印刷し、所定の事項をご記入の上、
  お申し込みください。
FAX:0120-915-671
お申し込みの流れとお支払いについて 申込書到着後、請求書、受講票、会場地図をお送りいたします。開催3日前までに
  届かない場合にはご連絡ください。
 ・受講票は当日ご持参ください。なお、期日直前のお申込みの場合、FAXまたは
  メールでお送りいたします。
 ・受講料は原則、開催日前日までにお振込みください。
  開催日までに間に合わない場合はお支払いご予定日をお知らせください。
 ・領収証がご入用の場合は、別途ご連絡お願いたします。 
 お願い  ※録音機器の持ち込みはご遠慮ください。
 ※キャンセル規程参加予定の方がご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。  
 代理の方もご都合がつかない場合、開催日前日および当日のキャンセルについては
 キャンセル料として参加料の全額を申し受けます。ご了承ください。
   お問い合わせ  一般社団法人日本資材管理協会 セミナー事務局
 電話:03-5687-3477  info_jmma@jmma.gr.jp
 FAX:0120-915-671