調達バイヤーのための永続的コストダウンの具体策と手順(東京開催)
~サプライヤー&自社の利益の同時協創を基本にした新しい取組み~

主な内容

永続的にコストダウンし続けることは、従来のような駆引き重視の「値下げ交渉」では不可能です。開発設計部門と連携してサプライヤーと協創できる関係を造りあげることが必要です。

永続的なコストダウンを実現するための条件は、
 1.確実にコストダウンできる” エンジン”
 2.サプライヤーとパートナーシップ(信頼関係)
 3.コストダウンを続ける中期購買戦略
の3つが必要です。

「知っている」から「必ずできる」にするために、①手順、②ドキュメント、③具体的な事例をわかりやすく紹介し、さらに納得していただくために演習を行います。講義中、開発購買関連のexcel データを配布、その活用法について解説します。

※本セミナー受講の際はノートパソコンをご持参ください。
 

対象

資材、購買、外注担当者

開催地・開催日時・会場

  開催地 開催日 会場 所在地
  東京   2020 年4月16日(木)10:00 〜16:30   連合会館 4 階 405 会議室   東京都千代田区神田駿河台3-2-11
 

プログラム

1.利益創造部門としての購買活動
 (1)購買のミッションとは何か
 (2)サプライヤーの営業ミッションとは何か
 (3)コストダウンの視点からのサプライヤー連携

2.コストダウンのエンジンとは
 (1)競合の創造・維持のやり方
 (2)戦略の策定と徹底のやり方
 (3)コストドライバー分析のやり方
 (4)バリューマネジメントのやり方
 (5)
【演習】資料フォーマット説明

3.永続的にコストダウンし続ける仕組み
 (1)開発購買の取り組み
 (2)中期原価目標達成への道筋の立て方
 (3)永続的コストダウン達成のための設計部門・
     サプライヤーとの協働の仕組み作り
 (4)具体例の討議
4.サプライヤーとのパートナーシップ
 (1)真のパートナーシップのあり方
 (2)「技談」 によるサプライヤーとの協働
 (3)サプライヤー評価・格付けと戦略的再編成
 (4)Win-Win パートナーシップの構築

5. 人材育成
 (1)開発購買の人材育成カリキュラム
 (2)調達品群別の購買戦略会議
 (3)コストダウン・プロジェクト活動




 
 
※講義内容、時間等は変更になる場合があります。

講師紹介

八木 君敏 氏 調達革新研究所 代表
大手電機メーカー資材部門で35年余り調達実務、VE・合理化活動を担当。特に合理化担当部長として国際調達、設計開発段階からの開発購買システムを構築し、全社的資材部門の合理化体制を確立。

各種セミナ−でコストエンジニアリング、合理化ナレッジシステムやサプライヤー評価シス テムなどを講演。

日本VE協会会員、経営システム協会理事、日本管理会計学会会員。

現在、調達革新研究所代表として資材、購買分野のさまざまなコンサルタントを手掛けている。

参加要領

     受講料   一般 39,700 円  会員 33,600 円
テキスト代・消費税が含まれています)
  ネットからの
  お申し込み

セミナー申込
  

   Faxでの
  お申し込み
<FAXでのお申し込み>
  セミナー申込FAX用紙をダウンロード・印刷し、所定の事項をご記入の上、
  お申し込みください。FAX:0120-915-671
  お申し込みの
 流れとお支払い
 について
申込書到着後、請求書、受講票、会場地図をお送りいたします。開催3日前までに
  届かない場合にはご連絡ください。
 ・受講票は当日ご持参ください。なお、期日直前のお申込みの場合、FAXまたは
  メールでお送りいたします。
 ・受講料は原則、開催日前日までにお振込みください。
  開催日までに間に合わない場合はお支払いご予定日をお知らせください。
 ・領収証がご入用の場合は、別途ご連絡お願いたします。 
     お願い  ※録音機器の持ち込みはご遠慮下さい。
 ※キャンセル規程参加予定の方がご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。  
 代理の方もご都合がつかない場合、開催日前日および当日のキャンセルについては
 キャンセル料として参加料の全額を申し受けます。ご了承ください。
   お問い合わせ  一般社団法人日本資材管理協会 セミナー事務局
 電話:03-5687-3477  info_jmma@jmma.gr.jp
 FAX:0120-915-671