加工技術とコストダウン(東京開催)
  ~原価低減につながるプレス加工・プラスチック成形加工~

主な内容

 “機構部品調達”を担当する場合、基礎的な”加工技術知識”を有していないとパートナー営業と対等に価格交渉・コストダウン交渉をすることができません。本講座では、プレス加工・プラスチック成形加工及びそれらの二次加工、不良症状・対策方法を学び、そこからコストダウンに直結する“着眼点”についても考えます。また、部品単価見積もりのワークショップ(演習)を一連の流れに沿って易しく解説します。 “プレス加工・プラスチック成形加工技術”を自分の“物”にして、資材の主務であるパートナー営業との “コストダウン交渉”に活かすことを目的としています。機構部品担当者の方々には必須のセミナーです。

対象

資材、購買、外注担当者。

開催地・開催日・会場

 開催地 開催日 会場 所在地
  東京  2019年4月23日(火) 10時~16時30分   中央大学駿河台記念館 360号室   東京都千代田区神田駿河台3-11-5
 

プログラム

 
 1.プレス加工技術
  1-1 プレス加工と他加工との比較
  1-2 プレス加工でできること 
  1-3 金型とプレス機
  1-4 カシメとスポット溶接  

 2.二次加工
  2-1 一般塗装と電着塗装
  2-2 めっきとアルマイト
  2-3 シルク印刷

 3. プレス・二次加工での不良とその原因/対策
  3-1 プレス加工(バリ、スプリングバック)
  3-2 塗装(ゆず肌、膨れ)
  3-3  印刷(目づまり、ピンホール)
  3-4 コストダウンに繋げるチェックポイント

 4. プレス加工VAの着眼点
  4-1 実際の事例紹介

 5. プレス部品単価算出(演習)
 6.プラスチック成形加工技術
  6-1 射出成形とは
  6-2 金型と成型機 
  6-3 ゲートの種類

 7.二次加工
  
7-1 一般塗装と静電塗装
  7-2 シルク印刷とタンポ印刷
  7-3 樹脂めっき

 8.射出成形・二次加工での不良とその原因/対策
  
8-1 射出成形(ウェルドライン、ソリ)
  8-2 塗装(マイグレーション、白化)
  8-3 印刷(レベリング、寸法精度不良)
  8-4 コストダウンに繋げるチェックポイント

 9. 射出成形VAの着眼点
 
 9-1 実際の事例紹介

 10. 成形部品単価算出(演習)

 11.質疑応答

※講義内容、時間等は変更になる場合があります。

講師紹介

 渡辺 清和 氏 (MCIバリューコンサルティングサービス株式会社 シニアコンサルタント)
 ソニー(株)入社以来、ビデオカメラ、8mmビデオ、監視カメラの外装設計、駆動系メカ設計に従事。
 統括職としてパートナーとの新技術開発、新規パートナー発掘、コストダウン活動に力を入れる。
 調達部門に異動し、環境関連物質に対応する業務を推進。また、設計・調達担当者にも現場主義を
 理解してもらうため「サプライヤー見学会」「パーツテクノロジー展」「技術セミナー」などを企画・実施。
 中国赴任を経て、2014年にソニーを退職、現在は設計・購買分野のコンサルタントとして活躍中。

参加要領

 受講料   一般 39,000円 / 会員 33,000円テキスト代・消費税が含まれています)
ネットからの
お申し込み

セミナー申込
  

Faxでの
お申し込み
<FAXでのお申し込み>
  セミナー申込FAX用紙をダウンロード・印刷し、所定の事項をご記入の上、
  お申し込みください。FAX:0120-915-671
お申し込みの流れとお支払いについて 申込書到着後、請求書、受講票、会場地図をお送りいたします。開催3日前までに
  届かない場合にはご連絡ください。
 ・受講票は当日ご持参ください。なお、期日直前のお申込みの場合、FAXまたは
  メールでお送りいたします。
 ・受講料は原則、開催日前日までにお振込みください。
  開催日までに間に合わない場合はお支払いご予定日をお知らせください。
 ・領収証がご入用の場合は、別途ご連絡お願いたします。 
 お願い  ※テ-プレコ-ダ-の持ち込みはご遠慮下さい。
 ※キャンセル規程参加予定の方がご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。  
 代理の方もご都合がつかない場合、開催日前日および当日のキャンセルについては
 キャンセル料として参加料の全額を申し受けます。ご了承ください。
   お問い合わせ  一般社団法人日本資材管理協会 セミナー事務局
 電話:03-5687-3477  info_jmma@jmma.gr.jp
 FAX:0120-915-671
 
ページのトップへ戻る